馬は友達

2019年競馬歴3年、自分自身の競馬愛、競馬論が世間にどこまで通ずるか、競馬における新たな挑戦として、 決して根拠のない自信と予感ではありますが、天のお告げに導かれ、人生初のブログ連載!!

【馬は友達】

・主な予想ファクターである、血統、ラップ、馬場、コース、騎手、レースレベルから、読者様におもわず、
「おぉーっ!!」とうなってもらえる見解を印とともに掲載。
半分妄想⁉︎ は理解していただいた上でご覧いただけたらと、、、笑

・予想の特徴として、よくある過去10年などのレースデータを完全無視し、その都度その都度の出走馬、天気、騎手の心理などから、今現在における生きた予想を提供できることを心がけております。

※予想について印は打ちますが、買い目はほとんどのせません(ギャンブルにおける競馬は印と同じくらい、またはそれ以上買い方による収支の影響が大きいと認識しているため)印を参考に買い目を読者様ご自身で楽しんでいただけたらと思っております。

【ご不明点、質問等ございましたら、gusupi.zzz@gmail.com までお寄せ下さい】

本命は◎10シャケトラでした

完勝!

結果がこちら
   ↓↓↓

1着 ◎10シャケトラ (1人)
2着 △7カフジプリンス (5人)
3着 △1ロードヴァンドール (10人)

4着 ▲6ソールインパクト (9人)
………

7着 ⚪︎3ケントオー (8人)



このレース時間が作れず、印だけの公開となってしまいましたが、週中にもちょろっと言ったとおり、予想の肝は​長距離路線組の軽視でした。

現在の長距離路線組はかなりの低レベルで、今回印はすべて中距離好走経験馬からという選択です。

レース内容的には最初の1000メートルが59.3という予想外の縦長になって上がりのかかる消耗戦になったことも功を奏した理由の一つかとは思いますが、

基本的に長距離専門馬でも中距離のハイレベルで凌ぎを削ってきた馬たちには敵わないのが過去の【天皇賞春】からも証明されています。
逆に言えばだからこその低レベル長距離路線選択ということも言えますが、、

これからもこの傾向は続いていくかと思われますので、この思考ベースは有効でしょう。

そして、今回馬券購入の際安心して戸崎さんの10シャケトラを、頭固定とできました。
いつもなら、1番強い馬で脚余し届かず2着マンのイメージが強いのですが、この日の戸崎さんはいつもと違いました。

ダートではありますが、8Rのウェルカムゴールドで馬を信じて外から早め仕掛け、直線入りで先頭に立つとそのまま突き放し7馬身差圧勝。
思わず騎手を確認し直してしまうというほど、いい意味でらしくない騎乗を見せてくれました。笑

まさに、その再現を【阪神大賞典】で見せてくれましたし、してくれると思えたので頭固定でいけました。

そして、やはり、圧巻はノリさん
ぼくはノリさん好きです。上手いうえに魅せてくれるので非常に魅力的です。

皆さんポツンやらで裏切られたみたいな話ばっかされますが、そもそも、そういう時は状態やら実力、またはコース、馬場的に誰が乗っていても馬券になっていない可能性が高いと思います。

負け方が、派手なのであれですが、笑

競馬なんて4着もシンガリも一緒です。
ぼくはそう思っているので、ノリさんが勝負してくるであろう時には必ず狙います。
勝負してこない場合はそもそも、自分の予想が間違っていた(脚を出し切っていたとしても勝負になっていない馬)という考え方です。

それにしても、1ロードヴァンドールだけは絶対ダイワメジャー産駒じゃない笑

距離長ければ長いほどいいんじゃないの?と思わされますし、手応え以上にバテない直線でいつも驚かされます。
ノリさんみたいな馬ですww

本番もあると思いますよ?


そして、最後に2着の7カフジプリンスについて
ベースの理由から4番手評価だったので買目には間違いなくいれていましたが、

今回、パドックにていつもただぼーっと眺めているだけのぼくにしては珍しく、かなり良く見えてしまったので(なにが?と言われれば分りませんがww毛艶と感覚的ななにかです。)思わず、3連複の軸として追加購入させてもらいました。

結果的に3複、3単とあわせて回収値約3000%越えの的中となりました。

予想の投稿をしっかりとできなかったのが残念でしたが、G1はきちんとやっていきます。

さて、さっそく【高松宮記念 2019】
現時点での穴候補馬とその理由をそれぞれ公開いたします。

馬→

理由→

☆理由については次回の投稿で詳しく述べたいと思います。
















結果

1着 無 2スズカフェスタ  (9人)
2着 ⚪︎ 3コスモビスティー  (6人)
3着 ◎ 13プタハ (5人)


予想通りの上位人気馬全滅結果で、さらに人気薄に走られてしまいました。

ていうより、完全に馬券ベタ沖縄代表といった感じです。。悔しい

こういう時に
なんで自分の予想をもっと信じきれなかったのだろう
と、毎回あとから思いますよね?
競馬あるあるだと思います。

今回1着馬のスズカフェスタですが、詰めの甘さ故に見落としていましたが、
猛烈に買えましたね

その理由を馬友教訓にします。

​​明日のために​その7
 の大ヤリ注意。


もう一つの平場推奨【阪神8R】の
15カミノコ(2人)は早め先頭からそのまま押し切り見事勝利

予想自体は常に好調維持できているので、このまま継続していきたいですね。

さて、いよいよG1シーズン到来です。
楽しみすぎてもう、日曜まで寝れないでしょうね! 笑




【高松宮記念 2019】
現時点での穴候補を人気ブログランキングにて公開です。



理由は週中にでも述べたいと思います。


☆明日は【阪神大賞典 2019】のレース回顧を予定しております。

それではおやすみなさい、、、
あっ寝れない設定やったww

申し訳ございませんが、本日私用のため印のみの簡易更新とさせていただきます。


◎10シャケトラ
○3ケントオー
7カフジプリンス
△1ロードヴァンドール

応援クリックよろしくお願いします。
↓↓↓

人気ブログランキング

中京9Rはダート1400メートル戦

【印】
13プタハ       (6人)
3コスモビスティー (9人)
▲ 5ムルシェラゴ   (8人)
△ 1ブライトパス   (2人)
△ 9キッズジョリー  (11人)
△ 14サトノプライド  (1人)

※人気は9時現在


まず、1人気14サトノプライド
→2歳500万下3着から1年3ヶ月ぶりの休み明けレース

2人気1ブライトパス
→前走ルメールから新人斎藤くん乗り替わり、ダートの最内枠

3人気16ブロードアリュール
→去勢明け初戦

4人気12キミワテンマ
→初のダート1400メートル戦、前走芝、4ヶ月休み明け

5人気6グランセノーテ
→過去休み明け全て凡走

ここまで明確な、不安をかかえた馬たちが上位人気を占めるほど、パッとする馬がいないと言えばそれまでだが、、、

ヘニヒューズ産駒の距離短縮。
前走前前走と距離が、長いかのような止まりかたの13プタハの一変に期待。

3走前だけ走れれば、足りるであろう
3コスモビスティー。
(前走はやらずくさい追いかたに見えた)


そのあと、上位が崩れると浮上してくるであろう5ムルシェラゴ

地方で素質開花か、9キッズジョリー

買いかたが非常に重要になってくると思いますが、上位人気に走られたら仕方ないくらいに攻めてみますか、、笑


【その他 平場推奨】

阪神8R


推奨根拠


良い週末を〜

金鯱賞の回顧です。

本命◎10アルアインは5着でした。いつものアルアインでした。

まず、ラップをみてましょう。

12.7 - 10.8 - 12.1 - 12.5 - 12.9 - 12.3
 -12.2 - 11.6 - 11.3 - 11.7

はい、展開予想の真逆でしたね。
L2最速のトップスピード戦で、アルアインにとっては一番の弱点である​​キレ負け​です。

▲5タニノフランケル吉田隼人に期待したのが間違いでした。
もちろん、タニノフランケルにとっても負けパターンのラップです。ロンスパで結果が出ているこの馬が逃げれるならば、ロンスパのラップを刻んでくると予想するのは自然なはずですが、、、、競馬の難しいところです。

おまけに、○対抗7ギベオンも6着です。もちろん、キレ負けです。

キレを問われない展開前提での予想なので、こうなってしまうと納得の結果となりました。(三頭の適性とは真逆)


逆に勝った無1ダノンプレミアムにとっては一番力を発揮できる展開になりましたね。

前めから得意のギアチェンジとトップスピードで突き放すというこれ以上ない展開。
長期休養からの復活劇で見た目以上に印象に残る勝利になったので、ぜひ大阪杯に出てきて欲しいのですが、、、おそらく安田記念ですかね。
大阪杯に出てきたら思いっきり無印にしてやりますけど、笑


レースを見ている中で、アルアインが直線序盤で思いっきり置いてかれたのにもかかわらず、最後5着まできていて、さらに勝ち馬の適性から
おそらくトップスピード戦になってそうだなぁと思っていたら、ドンピシャのラップだったので予想自体には悔いのないレースとなりました。

そんな中、△8エアウィンザーはあの位置からトップスピード戦で3着と、1番人気だったことから考えると不甲斐ないのかもしれませんが、休み明けのレースで決して得意ではない展開で、意外なほど喰らい付いてきたなと、この馬は各馬がキレを削がれる展開でもキレを引き出せるのが強みで、相対的にロンスパや消耗戦で浮上してくるとみています。

今回、思ったより強かったという判断から​、展開面で向きそうな​大阪杯では逆転は容易い​と確信できました。

まだ、だれが乗るのかわかりませんが、枠順馬場問わず、大阪杯の本命に任命です。(チャレンジC時点でほぼほぼ決まってはいましたが、)

4着△6ペルシアンナイトも本番で見直せる内容で、いつものパターンでしょうね。買いです。

3着△11リスグラシューは鞍上が不安だっただけでスムーズならまぁこうなるわなという結果です。
ただ、この馬の場合、休み明け一戦目から徐々にパフォーマンスを、落としていく傾向があるので要注意です。
さらに、もう一つ今回この馬の特徴を掴みました。この馬、今まで左まわりだとスムーズに直線にはいってきて一気に加速しますが、届かず2着3着というパターンが目立ち、右まわりだとコーナー出口から直線でなかなか加速しきれないけれど、最後にかなり伸びてくる印象がありました。

おそらく、​左手前が得意なのかと、

左手前でコーナーからうまく押し上げてこれる左まわりは、加速がスムーズですが右手前に変わる直線では最後止まりがちです。

逆にコーナーで右手前の右まわりは直線に入って左手前に変わってからの加速となるため、加速に時間を要すが、得意の左手前のため最後までグンっとくるのでしょう。

だから、どうってわけではないですが、、、
面白いですよね?
覚えておいたらいいことあるかも笑



今週の【阪神大賞典】現時点での穴注目馬を人気ブログランキングにて公開。

毎回、それなりに上がりを使ってきますが毎回届かない馬。今回初の長距離ですが、来るならこのタイミングだと思っております。
雨で時計がかかればなおさら期待。
この馬が狙える理由を最強競馬ブログランキングにて公開。


以上です。


↑このページのトップヘ