馬は友達

2019年競馬歴3年、自分自身の競馬愛、競馬論が世間にどこまで通ずるか、競馬における新たな挑戦として、 決して根拠のない自信と予感ではありますが、天のお告げに導かれ、人生初のブログ連載!!

【馬は友達】

・主な予想ファクターである、血統、ラップ、馬場、コース、騎手、レースレベルから、読者様におもわず、
「おぉーっ!!」とうなってもらえる見解を印とともに掲載。
半分妄想⁉︎ は理解していただいた上でご覧いただけたらと、、、笑

・予想の特徴として、よくある過去10年などのレースデータを完全無視し、その都度その都度の出走馬、天気、騎手の心理などから、今現在における生きた予想を提供できることを心がけております。

※予想について印は打ちますが、買い目はほとんどのせません(ギャンブルにおける競馬は印と同じくらい、またはそれ以上買い方による収支の影響が大きいと認識しているため)印を参考に買い目を読者様ご自身で楽しんでいただけたらと思っております。

【ご不明点、質問等ございましたら、gusupi.zzz@gmail.com までお寄せ下さい】


ごめんなさい。
ダノンプレミアム消すと言いましたが、その理由がこれまでの一戦入魂過程が前提にありました。

しかし、どうやらここを使うのは天皇賞秋の前から予定としてあったようです。

予定変更のやけくそ参戦とは違い、むしろ天皇賞秋は余裕残しだったくらい。

それならば、実力的に一枚上。
コースからもスローになりやすい京都マイルはこの馬とマッチする。

嫌う材料が薄くなったので、素直に買います。


以下印↓↓↓

◎ 14ダノンプレミアム
⚪︎ 5インディチャンプ
▲ 
★ 2グァンチャーレ
△ 9クリノガウディー
△ 3マイスタイル

展開については、仕掛け遅く、直線入り口のラスト2ハロン戦になるようだと、持続力に弱点はあるものの、それを補うキレを引き出せるグァンチャーレが穴。

逆にコーナーからの早めにレースが動く展開となれば、このコースと馬場で後半長く脚を使いかつ、直線キレも引き出せる
が適性上位とみて推奨します。


以上です。


はい、タイトルはPK時のキーパー目線です。

例えって難しいですね。
全く伝わっている自信がない笑

ツーストライクワンボール。
外のスライダーか低めのフォークか二択の見極めに神経集中させてると、投げられた球はど真ん中のストレート。

これは、打者目線。逆に手が出ないやつです。

なにが言いたいかというと、福島のハンデ重賞、どちらか極端な流れになると思うじゃないですか。

こっちは、波乱を期待してドスローのロンスパ戦に決め打ったが、結果、超普通のペースでの順当決着になっちゃったと。

12.3 - 11.3 - 11.5 - 12.1 - 12.0
12.3 - 12.1 - 12.1 - 11.7 - 12.1

ラップもほぼミドルペースで、そのまま紛れなしの能力上位の三頭で決まったという感じ。

特にイメージと結果にギャップもなく、あまり回顧することもなさそうなので、簡単に。

1着10クレッシェンドラヴ
→特に展開の不利もなく、斤量面で55と2、3着馬に対して有利だとオールカマーの内容からも勝ち切ってもらわないとだよね。

2着9ステイフーリッシュ
→能力上位もこれといった決め手がないのでいつも善戦しながらも勝ちきれないが、今回もそんな感じで決め手不足。

3着12ミッキースワロー
→内容的には今回、クレッシェンドより先に動くか前にいるかでないと、ハンデ差込みで勝ち切るには厳しい展開だったと思う。

5着5レッドローゼス
→結局最後方からの競馬になってしまったのが、この紛れ生じないペースだと痛かったという印象。

6着6デンコウアンジュ
→今思えばこの馬にとって2000は長かったかも。
キレで勝負したいタイプなので淡々としたペースで最速も11.7とキレ問われない展開は向かなかったのも事実。

16着​8マイネルファンロン
→気性面に難ありで、今回思ったより流れてしまったことでポジションもとれず、直線外から揉まれたところでジエンド。
自分のペースでハナ、または番手で揉まれることもなくスムーズに運べれば、と好走条件が狭すぎるので重賞だと確率的に期待し難いではある。

以上です。



さぁ【マイルCS】ですが、詳しい考察は明日の枠順確定後に書きます。

今日は先に今回恐らく消すであろう人気馬を理由とともにランキングにて公開致します。

馬→

理由→



FullSizeRender

本命スカーレットと対抗クロコスミアの二頭のみの馬券で死亡〜泣

全く後悔はありません。!!

簡単なレース分析から。
細く見ると最初の1000が62.8と思ったより遅かったのと、34コーナーの下り坂でクロコが思ったより強気なラップを踏んだ事はあるが、大雑把に見るとほぼ予想通りのスローからの4ハロン戦。

ラッキーライラックが今まで見せた事のない末脚を繰り出したことだけ誤算で、あとはほぼ納得いくの結果だったと思う。

ラップ↓↓↓

12.7 - 11.6 - 13.3 - 12.7 - 12.5 
12.8 - 12.3 
11.6 - 11.5 - 11.4 - 11.7

62.8 - 58.5


1着 2ラッキーライラック
​→仮説をたてよう。
スミヨン説。
成長説。
ソラ使っていた説。
まぁ結論から言うと全部だと思う。笑
これまで、見せたことのないくらいのキレと持続力を見せてきたので。
まず、スミヨンの位置どりは直線まで包まれて溜めれたことが、逆に吉と出ただけで結果論。
本来はもう少し前目を狙っていたはず。ただ、直線のコースどりに関してはベスト。
というのも、ラスト3ハロンからの11.5-11.4-11.7というラップはほぼクロコのもので、離れた位置からそれを追いかける
立場にあったラヴズ率いる番手馬群はさらに速いラップを踏んでいる。
目視とラヴズの上がりから計算するにだいたい、11.0-11.3-11.5くらいなんじゃないかな。
つまり、注目したいのはこの11.0の部分。
ここがちょうど4コーナーから直線に向くところで、ここで映像的にもクロコにかなり詰めているので後続はかなり速い脚を要求されたことになると。
なので、そのままスカーレットの敗因の1つにもなると思っているが、ここで外をまわった馬は特にきつかったと思う。
ラッキーライラックの上がりは目視なので正確ではないが3ハロン32.8は10.9-10.7-11.2くらいかな。
なにこれ笑
オルフェやん笑
4コーナー内を選択したスミヨン騎手の判断と、前走からの大幅パフォーマンス増は前走の馬体増からも成長+今回若干絞ってメイチ仕上げ、そして、今まで終い甘くなっていたのはステゴ系特有のソラ使い。
これら3つ全てが当てはまって解決。
特に3番目は一番大きくて、今まで何個取りこぼしたんだか。笑
とにかく圧倒的すぎて、言葉が出ませんでしたね。
これは反則。読めません。お手上げ。

2着 6クロコスミア
→これはもうかわいそうとしか。笑
スローで支配、3、4コーナーの下りを活かしてスピードに乗せ、本仕掛けは直線入り口。
そこでリードをつくってどこまで粘れるか。このパターンは過去2年参照。
過去2年よりもスローにできるとは思っていなかったが、和田騎手、岩田騎手、藤岡兄、全部勝っててもおかしくないくらい紙一重でこの距離、このコース、この仕掛けパターンは間違いなくこの馬のベスト舞台で、かつ陣営も今年は特にここだけに照準を絞った調整過程とローテ。
完全メイチの文句なし騎乗で勝てなかったのはもう仕方ない。
まぁその中でも今年が一番かわいそうではあったかな。(一頭チート笑)
もう、今年で引退かと思いますが、ある意味歴史にも記憶にも名を刻んだ名牝になったんじゃないでしょうか。馬券相性は極悪でしたが。。。笑

3着11ラヴズオンリーユー
​→まさかの先行策もペース的には好手。
初の敗戦となってしまったが、直線若干ヨレてからも最後は若干詰めていたし、やはりポテンシャルは古馬に混じっても通用するものは感じた。
ミルコの仕掛けに関してだが、3コーナー下りでもっとクロコについていってれば確かにクロコは交わせていたとは思う。
クロコ以外は3ハロン戦になっているわけで、それでも十分強いがオークスからも4ハロン戦で強かった馬なので、相対的にはキレ勝負に持ち込むよりも、分散した方が良かったと思う。
それでも今回に関してはラッキーに勝てたかはわからないが、よりいい勝負はしていたとは思う。
どちらにせよ今回はこの馬にとってベストでない展開だったと思っているので評価を下げる必要は全くないし、むしろもっと前半からタフな展開になる牡馬混合のほうがいいかもしれない。
ふつうに強いしいい馬。

4着12センテリュオ
→個人的にはこの馬の4着が一番驚きで、ルメはやっぱり凄いなと。
あの亀谷さんの本命でもあって、曰く、ノーザンテーストの血で晩成型。
全姉トーセンスターダムから非根幹距離でのパフォーマンスに期待が持てると。
にしてもや。
ましてや、4コーナーでは外をまわっているわけで、普通にラヴズよりも強い競馬。
ちょっと見誤っていたなと。

5着8クロノジェネシス
→直線でラヴズが少し邪魔になった感はあるが、ラヴズとは逆に3ハロンのキレ勝負は得意な競馬。
前走の反動とかがなかったとすれば、サラキア比較でみてもうーんという感じ。
展開不向きなラヴズはともかく、3歳牝馬のレベル自体は高くはないと思っていいかな。

7着16スカーレットカラー
→ラッキーのとこで述べたように、10秒台の脚を外外まわったコーナーで使ってしまったことが最後止まった一因ではあると思う。
個人的にはあのスローだし、距離は関係ないかなと思っていて外をまわったことと、あとは中3週でのプラス14キロは如何なものか。
そこに一番の敗因があったと思いたい。

以上です。


さぁ【マイルCS】掘った考察は次回にまわすとして、今日もある条件で浮上する穴馬二頭を紹介致します。

その馬と条件をそれぞれのランキングにて公開です。下のバーよりご覧ください。

馬→

条件→


〆明日は【福島記念】の回顧を予定しています。



今週は全体的に荒れまくってましたねー。

このレースはスロー想定で印を打ちつつもテン600を34秒台になった時ように、差し馬からも買っていたのが結局中途半端になったことで、タイムフライヤーやダノンフェイスが拾えなかったと。
(差し中心でもダノンを買えたかは怪しいが笑)

展開は決め打ちしないとダメですね。

半端はだめ。

ということでラップを↓↓↓

12.1 - 11.0 - 11.6 - 11.8 - 12.1 
12.1 - 11.6 - 12.3

それぞれ敗因はわかりやすいものなので、さっそく一頭ずついきますか。

9着本命8ドリームキラリ
→これは、予想でも言っていたように、この馬場でテンが34.7ではこの馬にとっては速すぎる。
思ったより楽に行かせてもらえなかったのが敗因。
これで、2走続けて同じ負け方なので、次も張る価値はあると思っている。
楽逃げ待ちで。
全く粘れなかったのは休み明けの分もあったかもしれない。

1着7ワンダーリーデル
→前が速い時用に単穴のこの馬からもワイドを流していたが、相手がかすらずというダサい結果に。笑
今年30回目くらいの「単複だったなー」ってやつ。情けない。笑
1番の勝因はやはり叩き2走目ということ。この馬は休み明けから2走目で別馬に変わるので。
あとは展開は向いたのもあるが、それ以上に乗り方よ。
コーナーインでロスなくまわると前と後ろで二分された直線入り口を斜めにスピードに乗せながら外へ誘導。
この時点で同じく後ろから外を回った馬とは位置どりもスピードののり具合も、差がついているので、もう勝負あり。
個人的にはこの馬の儲け時を逃したなーという印象。
ノリさんは一番上手いです。

2着9タイムフライヤー
→同じく差しに構えて、コーナーインから斜めに外に出してきた馬。
これまでもダート二戦では速い流れを先行しても直線は一瞬の加速はできていて、見せ場はあったもののラスト止まるというのが続いていたので、距離短縮でワンターンに変わったのがドンピシャだったのかもしれない。
コースどりの好騎乗と展開利もあったが、エルムの回顧で言ったとおり、馬にはダート重賞通用の力があるというのは証明。

3着15ダノンフェイス
→この馬も道中は後方でワンダーの後ろから直線にロスなく入って末脚を発揮してきた。
結果三頭ともコーナーでインをまわれていた差し馬ということから、コーナーで差を詰めようとする後ろの馬全体のラップも速かったのかもしれない。
ただ差し勢の優先的にも下から2、3番目になってくるので、買えなかったなー。
結果論だが、調教はかなり良化していたので、変わり身もあったんだろうと。
距離も淀みない1400よりはとりつく区間がある1600が良かった印象。

4着1ダンツゴウユウ
→この馬もコーナー内をまわれていた一頭。
直線では脚があるにもかかわらず、ドリームキラリに詰まって致命傷、捌いてからは最後まで伸びてきていたので脚余し。
もったいない競馬ではあったかな。
この馬も叩き2走目だったし、もともと並があるので人気はなかったが、走る時はこういう流れた時だからね。
今後も人気薄では要注意。

5着11サンライズノヴァ
→前走吉原さん、今回森泰斗騎手の地方騎手二連で脚質転換。
59キロと展開を考えれば5着は立派でやっぱり力はあるんだなぁと思った。
今までの出遅れ癖と大外一気一択競馬はなんだったんだ。笑
まぁ、揉まれるのがダメで出遅れるからあぁするしかなかったていうのはあるが。
なので先行でも今回のように外に被されない競馬をする必要はあって、結果的に今回は前にいったこと自体が裏目だったとは思うが。
馬場も渋った方が結果が出ているので、ゲートが成長した今なら外枠で高速馬場と条件揃ったら頭から狙いたいかな。

7着3デュープロセス
結局は前半のオーバーペースが最後止まった要因だとは思うが、ダイワメジャー産駒なので本質的にパサパサダートよりは多少高速の方がいいのかな。
それでもノヴァ比較で今年の3歳のダート路線、ユニコーンステークス組はそこまで強くないのかもしれないね。

8着16カフジテイク
→久々のベスト条件で逆に遠慮したのかなという残念な結果。
展開的には流れて差し向きというこの馬にとって向いた展開だったとは思うのだが。
衰えなのか、あと一戦は府中で狙いたい。

10着1グルーヴィット
​→まぁこんなもんでしょ。
展開的に前に行きすぎたというのは確かにあるが、この馬場で正統派のダート血統ではない馬はアディラートにしてもデュープロセスにしても足りなかったわけだから。
競馬は面白い。

11着5エアアルマス
→この馬エンパイアメーカーの影響受け過ぎでしょ笑
まぁ、ダートに移ったはじめの2走でも同じことは見せていたので、川田さんを一方的に責めるのはお門違い。
何も考えず揉まれたならまだしも、揉まれないように、この枠ならハナきるしかないという意識は見られた。
ドリームキラリがいるので、それがダメだとわかってからも、外に外にと誘導していたが、外からも割と出してきていて、被されて万事休す。
ただここまでダメなのも面白い。
今回は半分運もなくて、結果的に控えて外外の方が善戦はしたと思うけど、一番人気で仕方ないところもあるかな。
川田さんのいうとおり、外枠なら圧勝すると思うので、次が買い時。

14着13スウィングビート
15着10マジカルスペル
→共にオーバーペースだったのでしょう。馬はバテると一気に垂れるので。
着差は気にしない。

以上です。

、さてまだまだ続くG1レース。
今週は【マイルCS】​ですね。
まさかのダノンプレミアム参戦で、ダノンの1.2番人気が実現しそうですが、確かにどっちも強いし、適性的にも不安少ない。
おそらく、どちらかが本命になるかと思いますが、京都1600はコースの形態上前半の向正面が上り坂で、残り800の3コーナーからが下りということで、前半スローの4ハロン戦になりやすい。

この適性に、ドンピシャハマる馬を穴で狙いたいのですがいますね一頭。

ある条件次第ではその一頭を加えた三連単三頭ボックスの6点勝負もと考えております。

その条件を各ランキングにて、公開致しましたので、下からご覧ください。


馬→

条件→


〆明日は【エリザベス女王杯】のレース回顧と【マイルCS】についてもっと掘って考察していきたいと思います。


いや、おもろそう笑
この手のハンデ戦で捲りやがここまで揃うのはなかなか。
福島は比較的捲りが決まりやすいイメージだがそれは前半が流れやすいからであって、そこに待ったをかけるのがマイネルウイン軍団。
一番馬はおそらくファンロンで、これをスムーズに行かしたいがペースは落ち着かせたい。
理想はウインとの逃げ番手でコントロールだが、内からリリックもいるのでそれを行かして後ろをブロック。
実質スローにコントロールは狙っていればできるはず。
そして、向正面もしくは3コーナーからの捲りや軍団発動。
ここは半分遊びでスローからのロンスパ戦で決め打ちたい。

ポイントは前半コントロールしたことで、前も捲りに対して抵抗できること。
そうなれば、捲りやとしてはなかなか捲れず、外を回るロスだけが大きくなる。
ましてやこんなに捲りやがいれば、入れ替わりも激しいだろうし、一番外はすごいロスになっていることが想像できる。

こういう時のセオリーとしては内をロスなく回って、捲りやに対して仕掛けを遅らせての直線ズドン。

ということで、印は決まりました。


◎ 
⚪︎ 5レッドローゼス
▲ 
★ 10クレッシェンドラヴ
△ 9ステイフーリッシュ
14アロハリリー

→ 一番キレる馬を探していたら、ミッキースワローか次いでこの馬。
スワローはおそらく七夕同様外から捲りにはしると思うが、前述したとおり七夕のようには捲れず、かなり外をまわされそうで、それでいての58.5キロは今回消し。
この馬はコーナーよりも直線でいい脚を使うタイプなので、コーナーは内で待っててくれれば直線では勝手に前が落としてのズドンが嵌りそう。
叩き良化タイプだけに前走からの上積みも見込める。
捲り馬と一緒に動いてしまうようだとダメなので、鞍上が我慢できるかが鍵。

⚪︎ 5レッドローゼス
→ 同じく内枠で溜めれそうな差し馬狙い。
決め手にかける印象だが、小回り巧者で前走は度外視。
上がりのかかるロンスパ展開ならハマってくれても。
とにかく内で仕掛けを待てるかどうか。

→ この馬は戦績の並激しいが、要はスムーズに前に行けるかどうかの折り合い次第。
今回は前が手薄なのでスムーズに運べそうで、2走前だけ走れれば当時の相手関係、パフォーマンスからも勝ち負け。

10クレッシェンドラヴ
→ 捲り脚質の分下げたが、ハンデは恵まれた印象で、能力的にもハンデ込みでは最上位。
展開の分で4番手だが、捲りが決まる展開ならばあっさりまで。

9ステイフーリッシュ
→ 好位からG1以外ならどんな展開でも無難に走ってくるので。
今回も大きく崩れることはなさそうで。

14アロハリリー
→ ここ2走を見ても、キレで勝負するより小回りコースでのコーナーワークで長く脚を使って好走するタイプのハーツ産駒なのでは?
外枠は痛いが、前に行けるし内に入ってロスなく運べれば。

以上です。

↑このページのトップヘ