最強競馬ブログランキングへ


【見解】
→ 前走は今回と同距離同コースをしんがりポツンからの600mのみの競馬で追い込んで好走してきた。
初の芝で恐る恐るの様子見のような道中だったが、決して展開が向いたわけではなく、11.6-11.3-11.6のラスト3ハロンレースラップが示すように、前もそれほど落としていない。
この馬の上がりが33.3なのでラスト2ハロンはおそらく10秒台じゃないかなと。
さすがにまだまだ時計は縮めきれる。
芝二戦目で慣れも見込める上に、距離は違うが同産駒が昨日の最終レースで追い込み勝ちを決めたのも推せる材料。
一頭かなり強いのがいるし、後追いになってしまうが、やはりあの末脚は魅力。