はい。
予告していた新企画ですが、これから詳しく説明致します。

【内容】
→ これは土日に新馬戦、障害レースを除いた全レースで、馬券内に好走した大穴(二桁人気 or 単オッズ70倍以上)の好走要因を探り、分析理解した上で次走狙えるのか、次走以降の人気にどう影響するのか、どういう条件で再び好走するのか、というのを簡単にまとめて今後の馬券にいかそうかという試みであります。

【試みの理由】
→ 多くの方が経験お有りかと思いますが、私自身、渾身の馬券にノーマークの馬が突っ込んできて、悔しい思いをかなりしてきて、あとあと、見直した際にこの馬買えたなぁとなる場合もありますが、それは結局詰めの甘さ、思考不足であり努力次第で極限まで減らすことは可能です。
しかし、実際は後から見てもわからないというパターンが多数だと思います。
そんな時、ほとんどの方が理解せぬまま割り切ってしまい、また同じ馬、または同じパターンの激走馬にやられるというのを繰り返しているのが現状かと思います。
そこで、普段​からこの激走要因をないがしろにせずに、納得するまで徹底分析することで、次走もしくは狙い所で穴として拾えるだけでなく、激走の知識幅が広がることで、いずれは類似パターンに対しても先手を打てるようになるでは?という理由から始動に至りました。

実際に役に立つかどうかは、正直半信半疑ではありますが物は試しということで、、、
ただ、来そうかなとは思うけどオッズ的に手が出ない、来たら仕方ないと割り切って買わない、といった穴馬が正直大半だとは思います。
なので、二桁人気、単オッズ70倍以上の一般的に来ないだろうと思われている、いわゆる大穴だけにピックアップし、分析していこうという次第です。

※ あくまでも、私個人の見解になるので、他にも好走要因があったり、そもそも、徹底的に探しても私自身の力では結局わからない、という場合も中にはあるかと思います。
それでも、無理やりのこじつけなどはせず、自信を持てる理由のみを提示致しますのでご理解ください。
少しでも参考になれば幸いです。

そして、これは現段階ではまだ試験的で、確定ではありませんが、分析した後に今後の推奨評価として
鞍上や馬場など好走要因を表記し、その条件における自信度をA.B.C.D.Eの五段階で表記致します。
イメージとしてはAは問答無用で買い。Eだとその条件かつさらに好材料揃う場面(例えばメンバー弱化かつオッズ増など)で一考といった具合です。

さっそく、6月22日の激走穴馬です。

東京3R 3歳未勝利
3着 テミス 10人気 41.9倍
→ 前走1600mのわりかしメンバー揃った一戦で、テンでかかりまくった影響で末脚なく12着凡走。二戦連続の二桁着順により、今回10番人気。
今回、1400への距離短縮+若手騎手斤量減+この日の東京は昨夜からの雨の影響でやや時計を要する馬場。
同馬はスクリーンヒーロー産駒に母父フサイチコンコルドとノーザンダンサー色が強くスタミナ豊富型。
非根幹距離と馬場により、各馬が消耗した中、同馬はバテずに粘れた分で3着に残した。
【距離 馬場 血統 斤量 D 】


東京11R アハルテケS
2着 サトノアッシュ 12人気 129.4倍
→ キンカメにストームキャット系で、もともと芝を走っていたが、スピード不足からダート転向。その後1年間の障害レースを経て再び平地に戻ってからは馬が変わったようで、3戦目で1600万下を勝利。この時が不良馬場で脚抜きがよかったことからも、高速ダート向きか。
加えて、砂をかぶるのを嫌がる馬で内枠で揉まれた2走前は力発揮できず。
前走は芝で参考外、このクラス二走連続で二桁着順と斤量増により人気を落とした格好。
そして、今回2秒以上のハイペース展開により前が総崩れ。後ろからの馬でのワンツースリー決着。
この日、穴を開けまくっていた野中くんの控える判断も冴えていた。
【外枠 馬場 ペース C】

3着 ノーブルサターン 13人気 203.8倍
→ 高速ダートのカジノドライブ産駒。サトノアッシュと同じく、前が消耗して自滅、同馬は控えて溜めれたことでバテ差しが届いた格好。
【馬場 ペース D】

東京12R 1勝
2着 エピックスター 11人気 75.4倍
→ 正直、調教良化以外わからないが、的中した予想家さんによると、休み明けで馬体が一変しているらしい。
フロック視されるようなら普通に買える。
【調教 馬体 B】

3着 トーセンクロノス 12人気 130倍
→ 完全に馬場だろう。ヨハネスブルグ産駒で上がりがかかってこその馬。前走ダートからの芝変わりと同クラス高速馬場三連続凡走で人気落ち。
ちなみに、未勝利を勝った時も重馬場でその時の2着馬が今回の勝ち馬。
【馬場 C】

函館9R 1勝
3着 ファンシャン 10人気 42.5倍
→ 人気がなかったのは前走1000直で二桁着順、今年3勝のみのルーキー騎手。
好走要因はルーキー騎手での斤量5キロ減、北海道では馬券外なしの洋芝巧者。得意の洋芝変わりで能力どうり走ったところ斤量の恩恵もあって3着。
【洋芝 斤量 C】

函館11R 大沼S
3着 プレスティージオ 12人気 42.8倍
→ この馬は実際に狙った馬なので狙った理由になるが、まず、前走は逃げたことで好走したが、今回相手強化と休み明け、前走フロック視でこの人気か。
高速ダートでのカジノドライブ産駒で今回雨で稍重馬場。
また、調教良化、馬体重マイナス14キロから休み明けでも仕上げているとみてとれる。
そして、このレースの最大の特徴として、4角三番手以内が圧倒的に成績優秀で、同馬は前走逃げて好走したことから、今回も同鞍上が出してくるとみて購入。
予想どおり、4角二番手から粘っての3着。

FullSizeRender

【馬場 血統 先行 調教 C】


以上です。
意外と多くて驚きましたが、ほとんどが馬場によるもので、やはり天候が荒れると、レースも荒れやすいのがわかります。
雨の日は狙い目ですね。

そして、月曜日は東京でも雨が降って大井の馬場が気になるところですが、【帝王賞】の穴で狙いたい馬を現在人気ブログランキングへ で公開しております。

穴馬→ 

その詳しい理由、考察は明日にまわしますが、簡単な理由だけ最強競馬ブログランキングへにて先行公開しておきましょう。

理由→

〆明日は【帝王賞】の予想、見解。6月23日の大穴分析は水曜深夜から木曜にかけて、記載致します。