馬は友達

2019年競馬歴3年、自分自身の競馬愛、競馬論が世間にどこまで通ずるか、競馬における新たな挑戦として、 決して根拠のない自信と予感ではありますが、天のお告げに導かれ、人生初のブログ連載!!

【馬は友達】

・主な予想ファクターである、血統、ラップ、馬場、コース、騎手、レースレベルから、読者様におもわず、
「おぉーっ!!」とうなってもらえる見解を印とともに掲載。
半分妄想⁉︎ は理解していただいた上でご覧いただけたらと、、、笑

・予想の特徴として、よくある過去10年などのレースデータを完全無視し、その都度その都度の出走馬、天気、騎手の心理などから、今現在における生きた予想を提供できることを心がけております。

※予想について印は打ちますが、買い目はほとんどのせません(ギャンブルにおける競馬は印と同じくらい、またはそれ以上買い方による収支の影響が大きいと認識しているため)印を参考に買い目を読者様ご自身で楽しんでいただけたらと思っております。

【ご不明点、質問等ございましたら、gusupi.zzz@gmail.com までお寄せ下さい】

2019年02月

中山記念回顧です。
いやー見応えのあるかなりおもしろいレースでした!

松岡騎手は馬を信じてコーナーから、追い通し、かなり気合いを感じました。

展開予想ですが、思ったよりアポジーがペース早めだったくらいでほぼほぼ当たっていました。
ラッキーライラックだけ予想外でしたが、、笑

印の結果です、、、

4着◎10スワーヴリチャード
思った通りのコーナー勝負で、思った通りの結果でしたよ?はい。

世間のこの馬の評価ですが、去年秋くらいから勝手に過剰評価して、勝手に裏切られたみたいな風潮ありますけど、この馬最初からこんなもんですよ?
ぼくは、ずっとそう思ってますけど、、、、
みなさんがどう思ってるかはわからないですが、今回だって余力残しは馬体重からも明らかで、不得意と言われている右回り、ハンデ頭、逆にそれで、4着なんですからふつうに強いです。ぼくはそう思います。

そして、気づきましたか?

今回ふつうに直線左手前に変えましたよね?
ちょっとエポカにかぶって見づらいですが、これはかなりのポイントです。
次回、ドバイに行くのか大阪杯かはわからないですが、大阪杯にでてきたら対抗以上は濃厚です。本命候補は今んとこエアウィンザーですが笑
どっちも人気落ちてくれー

そして、

対抗○1ウインブライト

1着です。強いですね!
他と違ってメイチだったことは間違いですが、それにしても、きっちり勝ちきるあたりはさすがです。説明不要に強かったと思います。

そして、明らかに中山適正だけでは片付けられないとも思っています。

今が成長期なんでしょう。これこそ、ステイゴールド産駒ってやつですね。

​これは有名な格言ですがこの機会に


明日のためにその6

ノーザンテーストは

………

【チューリップ賞】の連軸候補を


※次回は今週重賞からの注目馬とその見解を週中にアップ予定です。





阪急杯のレース回顧です。

本命◎3ロジクライ(2人)

3着! やっぱりきましたね!
予想通りのペースでポジションも確保。しかし、追い出しで待たされた分ギリギリの3着でしたが、4着以下とは着差以上の差があったように思えます。
2番人気は予想外でしたが、皆さんわかってたてことでしょう。

対抗○1レッツゴードンキ (4人)

2着!
豊さんの後ろという理想的なポジション取ることができました。これはもう突き抜けるんじゃないかと思ってだのですが、一頭超彗星がいました笑
それでも、余力残し仕上げだと思うし、あのペースで前に行けるなら本番でも十分期待できると思います。

【まとめ】
うーん、結果的には阪神カップ組が全滅なので、シンプルに今回の方がレースレベルが高かったのかなと思います。

スマートオーディンは悔しかったですが、ロジクライの見立ては間違ってなかったので今後もこのパターンは自信を持って推奨します。



【チューリップ賞】の連軸候補を




明日のためにその5
オーバーペース馬は ので、着差以上の評価可能。


1着 無13メイソンジュニア (12人)
2着 ○ 1 メイショウカリン (2人)
3着 無 6 ブライティアレディ (4人)

………

9着 ▲ 12 ブラッククローバー(6人)
14着 ◎ 3 ファミーユボヌール  (5人)



まさかのテンの3ハロン​32.7でした。
スロー予想していたので、ここまで真逆いかれるともうお手上げです。笑

まず本命のファミーユですが、やはり、前走のオーバーペースを嫌ってか、最初から先行する気がなかったように見えました。
この馬で後ろからだとジエンドです。まぁ今回のペースだと前に行ってもおそらくオーバーペースでダメでしたが、、、今回で2走続けて大凡走。
次走以降も狙い馬として注目したいです。

続いて、▲ ブラッククローバーですが、一瞬先頭に立ちましたよね。
それでも、結果は9着です。
はい、わかっていました。テンが34秒以下だとこの馬こうなります。
というより、今回先行した馬たち総じて潰れています。
そういうペースでした。

この馬については
先行力は安定してありますし、人気もしないので、ペースが落ち着くメンバー構成になった時にまた狙い撃ちたいです。(今回がその予定だったのですが笑)

以上です。

明日のためにその5

オーバーペース馬は ので、着順以上の評価可能。

最後に
今週の【チューリップ賞】の予言を
人気ブログランキングへ にて公開です。
チューリップ賞は


【中山2R 3歳未勝利】

1着 △16ブリッツェンシチー (3人)
2着 ○ 5 ヤークトボマー (1人)
3着 ◎ 9 ゴールデンウィル (2人)

………

11着 ▲ 12 サンビンガムトン (10人)


何という人気決着!しかも4着とは6馬身差ついています。未知の馬に期待しすぎました。
予想の1行目に答え書いてましたね。笑

​『 三つ巴戦です。​』​辛


明日のためにその4
穴はこない。


【中山5R 3歳未勝利】

1着 ○ 9 サトノフォース (2人)
2着 △11ライル (1人)
3着 ▲ 6 ナミブ  (7人)

………

5着 ◎ 2ブラッドストーン (5人)

はいっやってくれましたね。前走詰まったから狙ったのに、今回かかり&詰まりです。そりゃこうなります。
ナミブが頑張ってくれたのでなんとか的中することはできましたが、見ている分には不完全燃焼でした。
次走も狙いましょう!


​★明日、日曜推奨レースの回顧と来週の注目馬を随時書いていこうと思います。

メインレースの予想になります。

小倉の馬場は若干の外有利と標準からやや時計かかってるのかなといった具合。


展開は
絶対的に速い逃げ馬がいなく、何が逃げるかは決めつけきれないが、テンは34.0〜34.5くらいの遅め予想を決め打ち。


本命は
◎3ファミーユボヌール
→前走は時計のかかる馬場でオーバーペースと不利な内枠を通った内容で度外視。
もともとは、基礎スピードを持っており34.0くらいだと後半余力をもてる見通し。
さらに過去に小倉1200で連勝を決めているとおり、小倉はあうのは証明済み。

前走のプラス馬体重から叩いて2走目というのも好材料。怖がらずに先行できれば巻き返し。


対抗は
○1メイショウカリン
→こちらも前走は不利な内を通っての僅差4着と見直せる内容。自力は一番とみて対抗視。

▲12ブラッククローバー
→近走はオーバーペースなどで惜敗続きも、4走前の佐世保ステークスからも34秒台で先行できれば、後半の出し抜きは脅威。鉄砲もいける口で外枠から無理せず番手につけれれば一発警戒。

△11スマートグレイス
→同じく、先行できればしぶとく、前走は○と同じく内を通った分。このレースで引退ということもあり勝負気配。前走くらい走れれば圏内可能。

​ご覧の通り前残り戦予想で、7枠二頭が人気もないのでうまく絡めて馬券購入したい次第です。

応援クリックよろしくお願いします。
↓↓↓

人気ブログランキング








↑このページのトップヘ