もうこれは、松若くんがモズのペースでいけるかどうかにかかっている。
まぁ。ひよって緩めたからって何がくるかもわからないので、松若くんを信じて決め打ち。

馬場的に33.0くらいではいってもらう予定で、1秒〜2秒のハイペース。
ラスト1ハロンで形勢一変、差し込んでくる馬を狙う。

基本外差しのイメージだが、コーナーは内でまわって直線にかけて斜めに外に出していくのが理想、ハイペース適性示しているのは前提だが、極端な外ぶんまわし、後方一気もできれば避けたい。
となると、、、


【印】

◎ 
⚪︎ 5ディアンドル
▲ 
3アレスバローズ
△ 17カラクレナイ
△ 10エントリーチケット
△ 13モズスーパーフレア


◎ 人気ブログランキングへ
→ 外枠になってしまったが、昨年を評価。まぁ夏馬なので前走から状態をあげているのはわかるが、結果がともなっていないので衰えている可能性はある。
それでも、今年のアイビスは割と特殊で適性巧者多数のレベルも高かったように感じる上に、同馬は内枠の差し馬なので本当に衰えているのかとは言い切れない。
昨年のこのレースが改めて、かなり強くて勝ち馬に対して外外をまわっているのは評価できる。
展開的には昨年と同様になる想定なので、昨年よりも時計要する外差し馬場の分この馬を本命に。

⚪︎ 5ディアンドル
→ 着差は毎度際どいが、5連勝は伊達じゃない。基本的には斤量軽い3歳が有利なはずなので、一段評価を上げての対抗。
ハイペース適性に関してはなんともだが、3走前の中山で最低限は見せているかな。
血統的にスプリンター感はないが、このルーラーの血が接戦に強い勝負根性を引き出している気がする。
映像を見ないと感じられないが、本当に並んで強いし、並ばれてまた強い。
古馬相手に今回が試金石になるが、個人的に気合い特化タイプの放ってはおけない好きな馬。
出遅れだけはやめてね。笑

→ こいつは生粋のスプリンター。もちろん、ハイペース適性も示しているし、差し馬で枠もちょうどいい。
4着ではあるが2走前が評価できて、強いメンバー相手に外から早めに仕掛けながら、直線半ばでは前をカットされてブレーキ。
それでもそこからまた伸びてくるという荒業。どのレースでも最後まで伸びてきているので、課題の時計は詰めれそう。
スムーズなら一発。

3アレスバローズ
​→ 昨年は完璧にはまりきっての完勝。今年も似たような枠から似たような展開になりそうだが、昨年とは斤量も馬場も違う分下げた。
それでも、前走は苦手なはずの渋った馬場でも結果を出しているように、本命馬と違って衰えの不安はない。
ハイペースはめっぽう得意なので、鞍上が捌ければ好走イメージは持てる。

△ 17カラクレナイ
→ この馬は逆に揉まれたくないので外枠がいい。
今までも、1400だと折り合い不安、1200だとスピード不足というめんどくさい特徴からなかなか好走スポットが小さい馬だが、前走は時計要する1200でスピード不足を補えて好走。
もう外からのロスは仕方ないとして、今回も前が止まらないことはないと思うので、まぁまぁかみ合ってきそうなのと調教悪く人気落ちも伺えるので拾うことにした。
結局は気性難な馬なので、調教も気性の問題でレースと連動するわけではないので。

​10エントリーチケット
→ 穴目でハイペース適性示しているのならこの馬かな。前走は休み明けでイマイチだったが、もともと、上がりは使えるし小倉では過去にそれぞれ真逆の馬場で連勝している。
枠も良く、個人的には鞍上強化。無欲の騎乗でハマれば面白い。

​13モズスーパーフレア
​→ 今回の狙い的には外してもいいんだけど、、、まぁ前走はスピードで押し切るタイプの逃げ馬には厳しい中京コースで参考外として、今回自分の競馬をしてどこまで粘れるかというのに期待して。

以上です。