やはり、順当というか、今年は上がり馬が通用しない=春のクラシック組が強いというのが、はっきりと現れたレースになりました。


ラップ↓↓

12.8 - 11.2 - 11.4 - 11.7 - 12.2 
11.7 - 11.0 - 10.5 - 11.9

阪神1800らしいコーナー息を入れてのトップスピード戦で、直線は最速10.5を刻んでいる中、決してスムーズではない運びで後ろから最後まで落とさず差し込んできたダノンファンタジーは思ったよりも強かったなという印象。

それでは一頭ずつ。

3着 ◎8ウィクトーリア
→ まずまずのスタートから中団。
3コーナー手前で先に動いたビーチサンバを目標にその後ろをとって、直線外から並んでの叩き合い。
まぁ運びとしては文句なしで、これでビーチにわずか及ばなかったのは一列外だった分、ダノンに差されたのは現時点でダノンの方が一枚上だったという評価で、おおよそ想定どおり。
本番はワンターンから一周コースになるので、適性的にビーチには逆転できそうだが、この馬自体調教なりで明確に一段上げてくるようだと、重い印もあるかも知れない。
他との比較になるかな。

1着 4ダノンファンタジー
→ 強すぎ!​スタートが良かったのでそのまま押したらハナに立ってしまうというところから、意識的に控えて折り合う。
道中二列目あたりにいたが、3コーナー手前で緩んだとこで外から数頭に来られて、相対的に位置を下げてしまう。
そのまま、4コーナーも包まれる形でビーチやウィクトーリアを見る形で直線。
これって、簡単に言えば、ビーチやウィクトーリアに比べて、速いところで前にいて緩んだところで後ろに下がるという、非効率な競馬になっているんだよね。
それを力でねじ伏せたわけだから、見た目も強いけど、さらに見た目以上に強かったと思っていて、10.5のラップも刻めてかつ持続力も一番だったわけだから、これだと、一枚抜けてたと認めざるを得ないかな。
まぁ、展開次第では入れ替わるくらいの差ではあるけどね。
ただ、もうみなさん十分に痛い目に遭っているように中内田厩舎のダノンは前哨戦強くて本番落としちゃうんですよね。
またまた、悩ましてくれそうで、笑

2着 11ビーチサンバ
→ こちらは6番人気ながら、2着と健闘。
まぁダービーはクロフネ産駒には距離が長かっただけなので、クイーンCを見る限り能力的には世代でも二軍の中心選手くらいにはなってくる。(桜花掲示板、フローラ掲示板と同じくらい)
という中で、今回福永騎手がベストの騎乗。
もともと、反応鈍くてトップスピードに乗ってしまえばの持続力が武器の馬なので早い段階で動いていって、弱点の動き出しのズブさを補ったのがここでの2着を生んだと言えるでしょう。
ただ、アエロリットをみてても、クロフネ産駒は1800までな気がするし、というより、一周コースに疑問。
本番よりはここが勝負だったのかも知れない。
武器である持続力でダノンに劣った以上今回は相手を褒めるしかなさそう。

4着 10シゲルピンクダイヤ
​→ キレなら世代屈指と思っていながら、後ろから行く予想、ダメジャ産駒の早熟性、距離もベスト1600と決めつけて、しぶしぶながら、一頭切るならこいつしかいないと思って、実は怖かったシゲルだが、結果は置いといて、今回は運がなかったかなと思う。
というのも、予想とは裏腹にダノン同様前半前に行く形、コーナーで相対的に位置を下げてしまう非効率競馬。
そこから内を選択してなんとか食らいつくも、流石にきつかった。
それでも4着は立派とみるほかなくて、予想としては間違っていたなと思わされた。
おそらく、後ろから、少なくともウィクトーリアと同じ位置を運んでいたら馬券内に来ていたと思う。
ただ、ダイワメジャーに2000は長いでしょう。
後述するが、メイショウ、ビーチとともにここが勝負だっただけに、明暗分かれたのは前半3コーナーまでのレース運びに尽きるかな。

5着 1メイショウショウブ
→ 結果的に掲示板をすべて、春の実績馬+フローラからウィクトーリアで占めたわけで、今年の牝馬に関しては現時点での能力把握はある程度固まった。
この馬も、シゲル同様もしくはそれ以上に今回チグハグだったわけで、まずまずの好スタートから中途半端に控えたことでコーナー包まれて後方で直線。
10.5の直線地点では食らいついているように、武器はビーチと逆でギアチェンジとトップスピード。ただ、持続力には欠ける馬なのでこのレベルでは前受けしてナンボ。
それを後方からではノーチャンスなわけで、本番はダイワメジャーで2000は長いことからも、今回もったいないレースになったかなと思う。
ただ、阪神1600や1800は割と出し切りやすいレースになりやすく、2歳時から阪神JF、チューリップ賞とその展開不利に泣く噛み合わない競馬が続いていたので、能力自体は過小評価されているとは思う。
こういうタイプなので、牝馬限定特有のスローからのギアチェンジのL2最速戦で前受けできると激アツなんだが、基本小回りだと分散されるし、エリ女は距離が長い。
そんなレースがなかなかないんだよなぁ笑
だからこそ、なおさらラスト2ハロン最速になった今回はけっこうもったいないわけで。
難しいけど、追う価値はあると思っている。

9着 6シャドウディーヴァ
​→ むしろ、今回で人気を下げるであろう馬で唯一本番の方が明確に面白そうなのがこの馬。
まぁ、右回りが苦手な可能性もあるかも知れないが、ウィクトーリア比較で今回力が出せなかったのは確か。
その理由は3つあり、
まずは、
ダノン、メイショウ、シゲルと同様の非効率競馬。
2つ目にウィクトーリアが滞在に対してこちらは輸送。
3つ目がフローラまでもそうだったように、叩き良化タイプということで。
まだ次でも間に合うかというところではあるが、ハーツ産駒でビーチ、シゲル、メイショウとは逆に距離延長が○。
能力的にはそれでも、難しいところなので重い印とはいけないけれども、紐には確実に入れると思う。
出てこれればだが。

以上です。


今週は3日間開催の後というこのもあり、気持ち一日早く土日が来ますね←あほ笑
さっそく、今週の重賞ですが、【神戸新聞杯】【オールカマー】どちらも注目度は高い重賞ですが、今年は見るからに共に堅そう。
神戸新聞杯なんて馬連二倍つくのだろうか笑
というレベルですが、その【神戸新聞杯】から、ほとんどの人が二者択一で頭を固定するのか、はたまた見にまわるのかというレースだと思いますが、その二頭の甲乙は週末にまわすとして、
もし、この二頭から一角崩しがあるとしたら、そんなの展開利の逃げ馬一択です。

そこで、わずかな可能性ではありますが、あるとしたらこいつしかない!
という馬がいるのでその馬理由をそれぞれランキングにて公開致します。

馬→

理由→
ただ、ちょっとトゲのある言い方なりますが、前走先行してイマイチだったのが、気になる。
というのも、先行がダメとかではなく、あれは超スローペースなのでむしろ先行してても自身もいつもよりもスローペース。
ズブさ補うはずの先行策が逆にスローすぎた故のキレ負けで、それを陣営がどこまでわかってるかというのが、気になるという皮肉。笑


〆明日はセントライト記念の回顧と【オールカマー】見解についてです。