チャンピオンズカップ。
中京のダートは多少湿ると内が有利なったりするが、土曜日を見る限りパサパサ良馬場で明日も雨は降らなそうなので、内外での有利不利は特にないかな。

その中で展開は逃げるインティに対して番手各馬がどこまで突くかが鍵に。

印に入る前に先に枠順を見て一番最初に思ったのが、チュウワウィザード福永さんの4着固定。笑
まぁそんな馬券はないので、思い切って消したります。
その他人気馬を三頭消しての大振り予想予定なので、消し馬については最後に理由とともに記載します。

まずは印から

◎ 
⚪︎ ​11ゴールドドリーム
▲ 
★ 13ワイドファラオ
△ 9サトノティターン
△ 2モズアトラクション


◎ 最強競馬ブログランキングへ
→うーん、難しいけど、問題なく主導権を握って自分の競馬ができた時に勝ち切るイメージが一番湧くのがこの馬だったので。
ただ不安は多々あって執拗に突かれたり、早めに被せられるようだと一気に圏外に飛ぶリスクはある。
それでも、前走はわざと抑えて掛かりまくり、どうしようもない競馬になったし、この鞍上ならペースもミスることはないだろうし、下手に競りかけられることもないのかなと。
条件に注文はつくが、前走は度外視、条件好転、武器はテンのスピードと前目から直線で後ろを引き離すことができる加速性能。
自分の競馬ができるかどうか。

⚪︎11ゴールドドリーム
→前走度外視はこの馬も一緒。
ジャパンカップのスワーヴじゃないが前走は叩き台。ここに全てを持ってきたので、あとはこれまでの実績と総合的な安定感から外せない。
しかし、流石に6歳。全盛期と比べて衰えはありそう。
それでも確実に上積み見込めるだけに、ここで足りなければ仕方ないと割り切って。
スタートさえ決まれば末脚はまだまだこのメンバーでもキレる方で鞍上も安心のルメールなので大丈夫だと思っている。

→枠順確定後に注目に挙げたこの馬を。
まず、この枠はこの馬にとってはベスト。
馬場の内外でのバイアス差も無さそうなので狙います。
ただ勝手に秘策を用意していて、今回私が陣営ならココ数走とは違って先行させます。
距離は違えどプロキオンSが展開不利の中強い競馬の3着でシンプルにあの時の出脚があるなら無理なく先行できるはずだし、すぐ内の三頭は運良く先行馬なのでそれらの様子を見ながら、ロスもさほどない前目の薄いところでポジションを取れると思っている。
鞍上はこの馬を十分理解しているみたいなので、マストとして外を走ることは意識しているはず。
その中でギャンブルを打つなら先行競馬。ゴールドドリームをマークする位置にいれればベストかな。
まだ、大外まくり一気のイメージが優先してか、そもそも足りないと思われているのか、私にはオッズが光って見えるので、終わった後に『先行できるなら言えよー』と言われていることを期待して先に言っておきましょう。
外からの先行押し切りがこの馬の本質だと。

13ワイドファラオ
→なんだか距離不安された前走の凡走で見切られた雰囲気だが実は逆。
その前走はインティやスマハマ、リアンヴェリテがハイペースで沈む中、少し離れた先行勢では唯一掲示板に入ったこの馬。
しかも、内容的にもペース展開不利、直線序盤詰まり追い遅れの脚あまし、最後は追わずと内容を見れば度外視できるし、少なくとも前走のメンバーとの勝負付けはまだ済んでいないと思っていて、むしろ個人的には前走で一気に評価をあげたし距離不安も薄れた。
ユニコーンSで見せた粘りは本物かどうかこのオッズなら迷わず買い。

9サトノティターン
→問題は足りるかどうかよりも輸送競馬で結果が出ていないことで。
今回対策として木曜輸送しているようだが走ってみないと正直わからん。
ただ能力的にはスタミナタイプでズブさはあるもスピードに乗ってのキレと持続力は意外とここでもチュウワあたりと比べてもそこまで引けを取らないと思っていて、何よりこういうズブいタイプと相性抜群の豪腕ムーア様なので、インティの競馬になってしまえば苦しいと思うが、早めに動く消耗線になった時用には抑えたい。

2モズアトラクション
→同じく前が止まる流れで怖いので。
前走は夏場の連戦の疲労もあったはずで、ちょっと感覚あけて状態立て直しているならば、平安Sの内容からも侮れない。
もちろんサトノ以上に後ろからだと思うので展開がハマる必要はあるが、昨年のウェスターがあるとしたらウェスターよりもこいつ。

以下消しの人気馬4頭↓↓

消5クリソベリル
→まず、『兄に勝る弟など存在しない。』
ジャギじゃないが、クリソライトが中央競馬場で通用せず、地方馬場でのポテンシャル戦で強かったように、この馬も5戦5勝と言えども地方の力要する馬場でのポテンシャル戦で圧倒してきている。
府中や中京での高いレベルでの加速競馬は未知数でその兄を唯一の判断材料とすれば、ある程度トップスピードや加速も求められるこのレースはこれまでのようにはいかないんじゃないかな。

消6オメガパフューム
​→この馬もクリソ兄弟と一緒で本質はもっと距離あってスピードよりもポテンシャル求められる舞台がベスト。大井2000が強いことからもわかりやすい。
ベスト条件ではない上に、もう一つ。
例のデットーリインスタ事件。笑
まぁ詰まったのは偶然だが今日のギベオンにしてもその一個前アメリカンファクトにしても2走連続一番人気を飛ばしているわけで、世界のデットーリと言えどもインスタ事件のメンタル面が無関係とは思えない。
どこか心ここにあらず。に見えたし明日には持ち直しているかもしれないが、流れという面では良くはないだろう。
少なくともこの条件では全てがかみ合ってこその馬だと思うので、この人気では嫌いたい。

消8ウェスタールンド
→ぎっくり腰って3日で治るのか?笑
上に同じく鞍上に不安を抱える昨年2着馬だが、ぎっくり腰に関しては仮病疑惑もあるし、大事をとったくらいで考えてはいるのであまり気にしていないが、昨年はあまりにハマった。
自身40.1-34.4という芝の新馬戦かよいうような前後半三ハロンのラップだし、あそこまで溜めたからこそ爆発的な脚を繰り出せたわけで、今回は昨年より流れそう。
流石にスミヨンが前と5秒近く離れた位置で運ぶとも思えないし、なにより内があそこまで開くことは望めない。

消3チュウワウィザード
→最後にこの馬はおまけというか、別に消さなくてもいいんだが、タイトルにもあるように枠を見た瞬間に、福永さんの4着臭がものすごかったのでギャンブラーとしてその直感を信じたいというだけ笑
まぁでも馬自体はスキも弱点もこれといってなくすごくいい馬だと思っているが、逆に勝ちパターンというか抜けた武器を持っていないので、このG1においては自滅待ちになるんじゃないかなと思う。
とにかく4着固定馬券があれば厚めにいきたい笑

以上です。