長距離は見ていて面白いけど、展開予想を当てるのも内容を分析するのも難しいね。

こんなこと言うのもあれですが、なんでこの馬が来て、なんでこの馬が来なかったとかラップを見ても正直あまりわからんっ!!笑

適当なことも言えないので簡潔にわかることだけで勘弁させてください。

まず、ラップから↓↓↓

13.5 - 11.7 - 12.9 - 12.4 - 12.3 
13.0 - 13.4 - 13.9 - 13.7 - 12.3 
12.6 - 12.2 - 12.0 - 12.1 - 11.7 
11.5 - 12.0 - 12.9

特徴的なのは2点。
2週目のスタンド前で13.7-12.3と一気に上がったところで隊列が大きく変わったこと。

さすがに13秒台連発でノリさんペース落としすぎだったかなと思う。

そこからは12秒前後の淡々としたペースだが、4コーナー地点が 11.5で最速。
チャレンジカップと一緒でコーナー外から押し上げるのは非効率な競馬。

なので、単純に強い競馬をしたのはアルバートメイショウテンゲンだが、逆に言えば下手に乗ったということでもある。

逆にエイシンクリック津村さんは上手く乗ったわけだがそのポイントは二つ。
まず二周目スタンド前、内外のロスを生まない直線だけでまくり切ったというのが一つ。
そして、ラストの直線より前、4コーナー地点で仕掛けることで外の馬に対してロスを作らしたというのが二つ目。
単純な馬の能力だけでは上位ではないと思うが、騎手の腕で持ってきた3着だったと思う。

ここ最近の津村さんは思い切りが良くなったし、考えながらかつ自信を持って乗っている印象。

本命のヴァントシルムについては、札幌日経OPで持続力自体は平凡かもしれないという懸念があったが、おそらく的中でトップスピードに入れてしまうと長く維持できないタイプかもしれない。
緑風ステークスはロンスパ気味のラップだけどかなり高速馬場だったし、速いラップは踏まれていなくてこの馬自体、馬なりで先頭列、本格的に追い出したのはラスト2ハロンだけだからね。
ジャンポケ産駒でもともとキレ勝負は土俵ではないし、持続力が平凡となれば底が見えてしまったかな。

オジュウチョウサンにとってはここ2走よりは展開も良かったはずで、​一瞬見せ場もあった。
だが、冷静に有馬記念のパフォーマンスがあればここでも終いで垂れるようなことはないはずで、その後の障害レースでのいつもの圧勝とは言えない勝ち方からも薄々感じてはいたが、おそらく有馬記念がピークでそこからの衰えは否めない。

リッジマン​はもともと相手関係の楽な長距離路線でしか結果を出していないので評価はしていなく、この馬を消せるのが予想の肝でもあったがさすがに負けすぎで能力以外にもなんらかの原因はありそう。


以上です。



今日は【中日新聞杯】注目馬あげましょうか。
このレース、出走予定馬をぱっと見た瞬間に閃きました。

〇〇〇〇のあまりの多さ。

狙いたいのはこの馬。

狙い馬のその理由と
〇〇に関連する内容を記載。


〆明日は【チャンピオンズカップ】回顧と【カペラS】注目馬、香港4レースについても触れます。