中山の芝は昨日の最終大波乱を見る限り、まだ内前に分があるのかなと。

今回は、3歳牝馬にはタフな中山の1600コース。
タフな血統と馬格。そして、前にいける内目の馬を重視。



⚪︎5ポレンティア
★4ダイワクンナナ
△10シャインガーネット
△11アヌラーダプラ


見解は省略しますが、先行、内枠、タフ血統、を総合的に判断。
ただし、メインまでの馬場は注視。
△二頭は外人騎手のノーザン二頭ということで抑える。

以上です。