横山親子にやられたやっさ笑
本命は7着ストーミーシー
対抗は4着ケイアイノーテック。

ラップ
12.2 - 11.1 - 11.0 - 11.1 - 11.7 - 11.6 - 12.0 - 12.1

34.3 - 35.7

向こう正面から3コーナーまでが流れっぱなしでハイペース。3〜4コーナーで多少緩むも残り1000の地点の11.1が響いていてそれに乗っかった馬グループAにとっては消耗戦。
そこで控えた多数グループBとは別のレース質になったのがこのレースのミソ。
そのグループAの流れにもろに乗ったストーミーシーは東風Sと比べて馬場が軽かったことで今回は後ろの馬たちの末脚を削げずに飲み込まれた。いわゆる早仕掛け。
あとグループBは残り800からのコーナーでは詰めてきているので、実際のレースラップよりも早いラップを刻んでいるはずで外のロスは響いている。そういうレースなのでグループBかつコーナーを内で立ち回って直線に余力を残していた馬が来たという流れ。
個人的にはストーミーシー横山Jr.は強気すぎたのもあるが、その息子の様子をそんなに見たかったのか後ろから来たマイスタイル横山父が結果11.1を誘発していて崩された。

購入馬券がこちら↓↓↓
FullSizeRender

仮に11.1が現実的に11.5ほどであればストーミーシーのラスト一ハロンの失速も顕著ではなく、2着まで0.2差を考えても紙一重、残っていた可能性は高かったと思うし、それならばグループBもグループAに対してコーナーで割と密集していてあそこまで前との差を詰める必要がなかったであろうことから、そこでの内外のロス差も緩和。つまり2着まで0.1差のケイアイノーテックが来ていた可能性も高い。
同じ理由から0.2差のカツジも然りで、実は全くカスっていないようで中身的にはかなり惜しかったレースだと思っている。(わかる人にはわかると思う。)

そのあたりが噛み合わないのがもどかしいところでここ最近の不調をより強調しているなと、、、笑

競馬をやっているとレースの分析力や相馬眼とギャンブルの勝負強さ、才能は全く別物だとつくづく思わされる。だから飽きないのだとも思うが笑

いつまでこのスランプが続くのか、、、

とりあえず結果が出ていないだけで、回顧するたび間違っていないと思うし、より自分が一番正しいと信じていられる状態にはあるので今は辛抱です。
本当にここ数レース全て自信があってほんの少しの展開のズレが生じて外れている事実、分かる人には分かると思うので信じてついてきてもらえれば幸いです。


ではここまでを踏まえて簡単に数頭、

1着4クルーガー
→ルメが乗る予定だったということもあってさすがの勝負鞍。グループBの中では一番前にいた中で内の利はあっても完勝の強い内容でした。
ただ、他の有力馬が確実に噛み合わない何かしらの要素が生じていたことを思えば枠、好騎乗、展開と恵まれていたとも言えるわけで過剰な評価は危険かな。

2着5ボンセルヴィーソ
→この馬は先行馬でもマイスタイルと同タイプで後傾タイプ。流れて欲しくはない中で、本来流れやすい中山マイルは合わない。
今回前半控えて自身のオーバーペースのおそらくギリ、ほぼベストの絶妙なバランスで乗れていたと思う。
そして内目が噛み合った。
まじで、数パーセントの好走可能性が全て噛み合ったわけで、おそらくあと100回やっても同じ三頭で決まることはよくて1.2回くらいかと思う。スロー先行出来そうなとこ以外では基本的には狙わなくていい。

3着6レイエンダ
→この馬が後方内から差してこれたくらいにコーナーでの内外の差は大きく響いていたと思っていいと思う。
それとボンセルとクルーガーが上位ということを考えても、この馬自身の比較で前走より上げてきたのではなくて前走並で走ったら、その他が崩れた分3着にこれたという見方の方がいいと思う。

4着11ケイアイノーテック
→噛み合うスポットが狭いのがネックになる。G3レベルなら能力は足りていいと思うのだが、前走は後ろすぎるしキレる脚はないのであそこからは届かない、2走前は前内有利展開を逆競馬、今回は前半流れたのはいいものの、コーナーで後続が早いラップを踏んだために外のロスが響いた。あと10mあれば2着にこれる脚色だったので紙一重。
現状、前半流れてコーナーで緩んだところを取り付いての直線ばて差しがベストで、好走スポットは鮮明に見えているんだがあまりに限定されていて、、、それでも、人気はないし常に自分の能力分は走ってくれるので狙いたくなってしまう。3コーナー手前で自然と緩んで後半勝負になりやすい京都がハマりそうなんだが。
とにかく展開さえはまれば。

5着7プリモシーン
→外のロスと斤量はもちろんあるが、それを差し引いても伸びあぐねたのは馬場だろう。
この馬の好走条件は揉まれないことと高速馬場。
今回、前者は特に問題なかったので力のいる馬場が合わなかったとみていいと思う。昨年は高速馬場だったからね。
ヴィクトリアマイルは高速府中の可能性が高いので心配いらない。今回度外視。

7着2ストーミーシー
→上でほとんど述べたが、今回は厳しい展開で親父にやられたと言っても過言じゃない。笑
完全に後ろからではワンパンチ足りない競馬が続いていたので、脚質転換できたのはいいと思うし、今回の結果を気にせずある程度先行意識を続けていいと思う。

8着15カツジ
→ケイアイと同じ感じだが、それ以上にハマり待ち。完全に後ろ有利のペースとコーナー緩みが生じてこそ。ただ乗り方としては中途半端に出していくよりも、今回のように後方一気がやはり一番だと思う。

10着3ジャンダルム
→ストーミーシーとほぼ同じ敗因でグループAのオーバーペース失速。
ある程度見直せはするもストーミーシーの下位互換ではあるし、これがストーミーシーより人気していたのは過剰。

14着16マイスタイル
→スタートはイマイチだったのに、息子の様子を近くでみたいがために、前つぶれを誘発した根源。
まぁ実際は馬の行く気に任せていたらあぁなったのだと思うが、結局乗り難しい馬だけに外枠で壁を作れない枠と馬の気に任せるノリではああなるのも予見できたなとは反省。
この馬自身は34秒台で前半入れば基本的にハイペースと思っていい。
後傾タイプの先行馬なので、距離は基本的には1600以上、コースは前半流れにくい京都がベスト。


以上です。


【阪神牝馬S】
牝馬限定のG2戦で翌日の【桜花賞】と同舞台の阪神外回りマイル。
昨年の桜花賞の2.4.5.6着が出るのでそれらがそこそこ人気を集めてきそうだが、、、

今の阪神の鍵は内有利馬場。先週は前残り多発でその傾向が続くのであれば狙いたいのは当然前。
基本的にはスローの直線勝負になりやすい牝馬限定前哨戦で、阪神外回りのコースなので前にいけるだけでなくかつ、それなりの末脚を持っている方が好ましい。

現時点で穴で狙いたい馬がいるのでその馬と理由をそれぞれ各ランキングにて公開いたします。


理由


回予告
回顧【大阪杯】〜【NZT】展望