回顧【安田記念】

池添さんおめでとうございます。
ゴーグルしててもあぁなることがあるんですね。改めて騎手の危険さ、池添さんの気持ちの強さを感じました。彼は気合いしーです。

そして、アーモンドアイ。
それにしても世間の一部は手の平返しが好きですね。そろそろ返しすぎて手の平ちぎれませんかね。笑
どんだけ幻想を抱いていたのか知らないけど、負けパターンとしては昨年安田と一緒です。
グランアレグリアも同等に怪物じみたパフォを【阪神C】で見せていただけに、直線あの位置差でグランに自身の脚を使われた結果の単なる力負け。アーモンドアイに敗因とかはなくて、むしろあの位置から2着に来ただけでもやはりグランを除くその他とは自力で一枚抜けている事を再認識。
あえて言えば、VMと違って馬場が超高速→高速になっていたことで、前半のペースに末脚を削がれていたことは否めないし、その辺の底は有馬で見せていたからね。
基本的には流れる東京1600はやっぱり短いと思うし、東京2000がベスト。

ラップ

12.1 - 10.9 - 11.2 - 11.5 - 11.6 - 11.4 - 11.0 - 11.9

34.2 - 34.3

ラップは一応ミドルだが、グランが0.4突き離してのものだし、その他は明確にハイペース。
思ったよりコーナーも緩んでいないし先行馬にきつい流れだったのは事実。
三浦さんは強気すぎたな、w

馬券

FullSizeRender

アーモンドアイ、ケイアイノーテックの二頭軸で相手はインディチャンプ、ダノンプレミアム、グランアレグリア、アドマイヤマーズが本線。
ダービーに続いてまた攻めすぎたけれど、夢は見れましたね。

個別回顧

1着11グランアレグリア
→普段から勝ちに行く池添さんの騎乗スタイルがハマったのは言うまでもないが、馬はアーモンドアイよりも優れている面として、前半流れた中でも後半脚を削がれず引き出せるというダートスプリンター的素質が存分に活かせるレース展開だったことは大きい。そういうタイプなので同じマイルでも後傾ラップの【マイルCS】にもし出てくるのであればパフォ落とす可能性の方が高いと思う。

2着5アーモンドアイ
上でほとんど述べた通り。出遅れはさほどでもないし、展開を考えれば先行出来なくてむしろ良かったぐらいかもしれない。アーモンドアイも馬の子、適度な馬場で基礎スピード求められると削がれるね。秋の天皇賞はベスト舞台だと思うし、評価を落とす必要は無いと思う。

3着6インディチャンプ
→シルク同士での2着争いもわずかに敗れたインディチャンプだが、この馬としては去年と変わらず自身の能力出し切ったと思う。相手が悪すぎ、、、笑
去年も実質こっちは恵まれてのアーモンドは不利があってあの差だからね。落鉄はもうどう影響するのか正直わからん。一個くらいじゃさほど変わらないんじゃ無いかな。

4着3ノームコア
→クビ差およばず悔しい4着。結果的に少し出遅れたことで後方勝負になったのが痛かった気もするが、コーナーはインでためて直線ロスなく外にというのはもうノリさんの腕。
馬はどんな展開馬場でもあまり削がれないし、スピードを持続する能力に非常に長けているように思う。それだけならアーモンドにもひけをとらないレベル。ただ印象としては弱点がないけどこのレベルなら強烈な武器を持つはまった馬に及ばず惜敗する感じかな。

5着8ケイアイノーテック
→生で見ている映像的にはコーナーで緩んで取り付いてのラストのバテ差しという久々のドンピシャ激アツ展開で一瞬本当に夢見たけどラスト1ハロンで失速。ラップを見ると案外コーナー緩んでいなかったのでそこで脚を使ってしまったのがわかる。
今回は相手が悪すぎたけど、噛み合えば並の重賞なら獲れると思う、ただ最近はコーナー緩まないのが流行りなので、噛み合うこと自体が難しい。。。

6着9アドマイヤマーズ
→前に厳しい展開を思えば、3番手先行から6着は十分やれていると思う。あとはどうしても直線11.0のラップが踏まれているのはこの馬にとってはキレ負けの範囲。同じ消耗戦でも4ハロンに分散してくれたらもっと際どかったと思う。川田さんはずっーと展開が噛み合ってないので、折れずに頑張ってほしい。

7着2ダノンキングリー
→この馬も前半流れてしまったのは不運。(というよりチームプレーの意味w)どうしても毎日王冠が強烈だったのでその印象があるかと思うが、当時の馬場は究極に外差しだったということをわかっていればむしろあのレースを度外視できるので、こんなもん。

8着14ダノンスマッシュ
→なにがいくかわからない中でやはりハナを取ると決めていた感じのスタートだったね。結果的に大外から様子見をすることもなくおしていったことでこのペースを誘発。
スマッシュ自身は基礎スピードあるので、結構踏んばれたが、、、後傾にしたいキングリーと加速を活かしたいプレミアムにとってはどちらにとってもいい逃げとは言えなかったのは辛い。。。

13着1ダノンプレミアム
→シンプルにオーバーペースだったんだと思う。テンが流れた上にそれについていってコーナーも案外息が入らないとなれば、緩急活かしたキレで勝負したいこの馬にとっては向かない流れだったのは明白。緩急をあまりうまく使えないレーンとも手が合うはずはなくで、、、この馬こそ先行して溜めたがる戸崎さんやルメがハマると思う。

以上です。


展望【エプソムC】

怒涛のG1週が終わってしまっても、結果堅い決着ばかりはしゃりもの土俵じゃない。
いよいよここから夏競馬という感じで、ぱっと出馬表をみてもいかにも混戦模様でワクワクします。笑
現時点で気になる馬は多数いますが、今週から梅雨入りしそうな気配で馬場には要注意。
そんな中、今日は注目軸候補馬を二頭ご紹介。
まず一頭目はサトノアーサー​。鞍上に注目です。
皆さん正直もうレーンに対して不信感を持たれてきていませんか??それは散々書いているようにレーン騎手自体が癖の強い騎乗スタイルだからであって、私の感覚ではサトノアーサーとは抜群に合いますよ。まぁ見ててください。

そして、もう一頭はこの馬。その馬名理由をそれぞれ各ランキングにて公開いたします。
要チェック!!


理由


回予告
回顧【鳴尾記念】〜展望【エプソムC】危険人気馬〜


☆無料コンテンツ充実の競馬サイト☆

5005

完全無料で毎週2鞍提供!!

過去には無料情報にて“ 19週連続的中 ”と驚異の実績!!

《無料登録》