先週の結果

土曜日は予告通り厳選3レースのみの勝負も不発。ちょっと前半大事にいきすぎてチャンスを逃してしまった感。
その反省をいかし日曜は狙い定めて勝負の中山5Rで土曜分も一気捲り。

FullSizeRender

その後中山6も連続的中でほぼ勝ち確まで持っていきましたが、、、

FullSizeRender

結果は、

FullSizeRender

土日合わせて3000円のマイナス。結局勝ち逃げなんてできないしやらないのが弱さなのか!?
全く後悔はないですが、笑
浮いた分での倍プッシュがギャンブルの基本!
ってアカギも言ってましたし、多分、、、
そう正当化しつつも、メイン二つ含めその後全く不発だったのは悔しい限り。特に日曜は実質WIN4と最初から謳っていたWIN5に力をいれたものの、まさかの一発目で終了。笑

FullSizeRender

一発目の一人気ハーマニーマゼランを拾って、とれていても払い戻しは10万以下だったし仕方ないかな。、

ということで重賞回顧

回顧【オールカマー】

FullSizeRender
えーっと、中山1200ですか?
ただでさえタフで時計がかかる馬場状態の中山の2200コースも前半1000が64秒ならもうスプリント戦。瞬発力の牝馬ワンツーも納得ですし、全く真逆の前潰れを想定していたので1000の通過タイムを見た瞬間、そこからは死んだ目で観ることとなりました。

FullSizeRender

アウトライアーズからスワローとクレッシェンド流し。まぁ速いラップの3〜4コーナーを外で動いたミッキーが直線伸びあぐねたのはまだわかるが、(それでもセンチュリオも同じく外からだったことを考えると馬場を苦にしたのか、やれなさすぎではある。)内で溜めていたクレッシェンドが直線入り口のあの手応えから最後止まったのは予想外。なんか坂が苦手っぽい感じがしましたね。

全くの大外れで申し訳ございませんでした。
結論的には今後に参考外のレースだったと思う。個人的には三浦はなにがしたかったのか、と思っています。笑

続いて

回顧【神戸新聞杯】

もちろんわかってはいたけど、気持ちいいくらい強いな。福永さんの道中位置どりに関しては中間ブログで述べたように、ディープボンドの存在があってこそのあの位置。
スタート後すぐにディープボンド和田さんがコントレイルの位置を確認してすっと前に行ったのはわかりやすかったですね。

FullSizeRender

画像から目視しているのがわかります。
よってコントレイル福永さんにとっては道中どこにいようと直線はディープボンドの後ろを突けば道が空くという後ろ盾がハナからあるので楽な仕事でしたね。通常一人気で道中あの位置ならマークされてなかなか抜け出せないと思うしリスキーなんですよね。まぁ力差的には大外ぶんまわしても圧勝なのでどっちでもいいんですが。笑
菊もディープボンドがいるのでダービーから3連続で同じことが予想できます。注目しててください。よって毎回惜しいとこまで来てますけど次もディープボンドは消しでいいですよ。アシスト担当が馬券に絡んでしまえば、むしろまわりが情けないやつです。
コントレイル福永さんにとってはディープボンドがいなくなる菊の後からが本当の勝負ですね。負けないと思いますが。

今週の展望

今週はもう凱旋門賞ですか。
昨年敗れてしまったエネイブルの恐らく引退レースですかね。どんなレースを見せてくれるか楽しみですが、馬券的にはエネイブル以外の単勝を狙うかと思います。

そして、国内もいよいよ秋G1開幕!!
まずは【スプリンターS】ですが、まず間違いなくわかるのはモズ×時計のかかる馬場×中山1200で前傾ラップです。おそらく一人気で自身後傾ラップの中、爆発的な脚を見せてきたグランアレグリアが不発に終わることも充分あり得そうです。
個人的にはどうしても狙いたい馬が一頭いるので、今日はその穴馬理由とともにご紹介いたします。

馬→

理由→
グランと同じくこの馬も後傾ラップで結果を残してきてはいるものの、、、

以上です。

枠順確定後また更新します。