中山芝は外差し!?

さぁ、土曜が終わっていよいよ秋のG1開幕のスプリンターズS。個人的にはレッドファルクスが好きだったので、思い入れのあるレースで2連覇の時は生で観に行きました。
まぁその話は置いといて、土曜の中山レースを終えて、どうやら世間では外差し馬場というワードがだいぶ強調されていますね。

言うほど外差しか??

私が1日観てた限りでは確かにどちらかというと外寄りだとは思うが、別に内が絶望的というほどでもないし、内から差し馬来てるし、大外まわった馬は坂で止まってるように見えたけど、、、
中山の本当の外有利馬場はアホほどロスしても外がくるくらいに強烈で、今は別にそこまでの馬場状態にはない。というのが私の見解。

そして、もう一つ大事なのは騎手がそれを意識しているということ。外が有利とわかっててわざわざ不利な内の馬場を走る訳がないし、その必要がない。必然的に前にいる馬のほうが直線は優先的にいい位置を取れるし、外の馬は前内が外目に寄るので、よりコーナーでは外をまわされることになるでしょう。

残念ながら後方外差しは効きません。

さらにモズがいるので隊列は縦長。きっと縦のスペースがあるので考えて乗っていれば内の馬が直線手前で包まれて動けない。というようなことも起きにくい。はず、、、

以上のことから狙いは先行差し馬。ある程度の位置をとってコーナーは内目、直線斜めに馬場の中目に入ってモズを射程圏に入れられる馬しか勝たないとみた。タフ馬場だろうが前が全滅のペースだろうが、モズ自身がなかなか止まらないのは皆さんわかるはず。
よって松山や池添あたりの後方一気系の外差しタイプは全ギリです。絶対届かん。
それでも、クリノは買いたい、、、笑

ただ、そうは言っても難しいのは各馬がどう動くかが意外と読めない。グランなんかは前傾ラップが未知数だし、(一応大丈夫だとは思ってる。根拠は後ほど。)一人気で軸にはしずらいかな。

そうなると、単の狙いは以下の二頭のうちのどれか。
その二頭を最強競馬ブログランキングへにて公開いたします。


とはいっても、明日にはもっと顕著な外差しになっているかもしれないですし、直前の見解買い目はTwitterにて公開いたします。

最後に

グランアレグリアについて

ディープ産駒のスプリント戦。前傾ラップの未知数。多々不安はありますが、私は大丈夫だと思っています。その根拠は阪神カップ。
あれが個人的には安田記念よりもはるかに強烈で、、、
この続きは→
紹介文の欄にて。

つまり、モズのつくるスプリントのペースで追走不可能ということはないかと思います。
あとはルメが怖がらずに攻めれるかどうかが焦点で、フルで出し切った時の競走馬としての能力はここでも抜けているし、現役でもトップ3には入るレベルと見てることから、切るのは安易。

総意としては結局人気馬から二頭は絡んで、荒れても穴は一頭程度のレースになるんじゃないかなとみています。

以上です。
頑張りましょう!!