先週結果〜WIN5について〜

まずは先週の結果から、トータルでは負けました。なんか土日ともに平場はこれといった勝負レースもなく手応えなかったですね。
それならばやらなければいいものの、笑
またも悪いくせで少額多レース買いで気付けば負けを積み重ねる結果に。。。

FullSizeRender

日曜は菊をとったのでプラスですけど土曜の負けが響いてトータル14000負け。
WIN5の星は返還です(紛らわしい、、、笑)

FullSizeRender

結果はまたもWIN4で東京メインのハヤヤッコのみ漏れ、泣
配当は8万と安かったものの難易度は超イージーだったので先週とれなかったらもはやいつとれるば!?笑
というレベル。じわじわ悔しさ溢れてきますね。

今週また頑張りましょう。あくまで1万以下の少額勝負での話ですが、個人的ポイントはいかに一点でとれるところを見極めきれるか。そして腹括れるか。
当日の流れなどもあるので前日予想は論外だし、当日5レース予想するとなると普通に時間がないんすよね。一点でいけそうなレースの予想により時間をかけて、5レース中1、2レースは予想を捨ててある程度広め作戦で臨むのが経験上、最も投入金額と的中期待値とのバランスがベストの作戦だと思います。加えて広めにいったところで思わぬ人気薄を引ければ帯も簡単に見えてきますね。
と、当てたこともないくせにアドバイスじみたことを言っておこがましい限りですが、これでまじでWIN4はがんがんとれます笑
あとなにかワンパンチが足りないんだろうな。。。

それでは、

回顧【菊花賞】

まずはなんといってもコントレイルおめでとう!!
天下のJRAさんも秋華賞に続き大旗を用意して祝っておりました。あっ、、、、笑

5005

とにかくコントレイルについては今回の辛勝で評価が分かれぎみではあるものの、レース映像みてもわかるように今回2000m強、つまりほとんどかかり気味の追走で折り合いには苦労していましたね。それでいて3着以下との差をみても皐月、ダービーと同じく世代間においての2番手以下とは絶対能力の差がもうわかると思います。適性とか関係ないです。
問題は評価を難しくしている要因でもある上がり馬アリストテレスの好走だが、この馬も間違いなく強い。そもそも菊花賞の適性に関してはコントレイルよりも遥かに上だったんじゃないかな。今回はルメの徹底マーク騎乗も光ったわけだが、力がなければ別に直線で突き放されるわけで、騎乗うんぬんよりもまず馬が強い。ではなぜここまで王道路線に浮上してこなかったかというと今回のレースを見てほぼ確信したが、よくいるソラの使い手なんだろうなと。こういうタイプはあわせても前にいきたがらないし、ゆえに今後も自己条件で取りこぼしはみえるタイプ。次走は間違いなか人気になりますが2着固定での勝負推奨。今で言っておきます。笑
その他に関しては特筆する馬はいないかな。最初からこの世代コントレイルとサリオス以下はどんぐりと言っていたし何がきても驚けない。ダービーをピンポイントで選択できたヴェルトライゼンテに関しても力はその他と大差なく人気で買う期待値は全くないので今回は普通に消せました。
最終的にはヴァルコスとレクセランス、ディープボンドと迷ってサトノフラッグを選択したわけだが、4分の1をしっかり引けたので今週はトータルで負けたものの満足度は高いです。
クラシック当てたらもう勝ちでいいでしょ笑

FullSizeRender

配当的にはそこまで跳ねてないが、予想としてはダービーに続いて今回も完璧の穴馬一本釣り。これは今後の自信に繋がりそうです。
とにかく、この歴史的快挙の瞬間をリアルタイムで観れたことにすごく興奮したし、最高に楽しかった三分間でした!
この競馬の楽しさをまじでみんなに知ってほしい、というか知らないのが可哀想とさえ思うのは主観が強すぎですかね?笑

以上です。

展望【天皇賞秋】〜注目馬&クロノジェネシスについて〜

現時点での個人的見解を述べます。
さくっといきますよー
まず、皆んなが気になるアーモンドアイ。この条件間違いなく強いです。疑う必要なし。衰え?たしかにあるかもしれませんが、ちょうどいいハンデくらいでしょ。
ただ、勝ちきるかという点については私は1倍台で単勝を買う馬ではないという感覚です。基本的にこの馬が正攻法で差されるイメージは沸かないので敗れるとすれば前の馬か、内で包まれたりもたついてる間に外からいかれる不利ありパターンなんですが、その辺はまた明日枠が出てから考えます。

続いてクロノジェネシス。
この馬について、賛否両論ですね。だいたいの人が欧州血統、宝塚完勝から馬場を焦点に挙げてますが、私は違う視点から今回この馬をおそらく軽視します。噂では友一騎手が左回りがいいと言ってることでここに出てきたみたいですが、まぁ嘘でしょ。絶対左回り良くないですから。通常左回りの直線は右手前で走るわけで、右手前が得意な馬=いわゆるサウスポーと呼ばれる馬で最近では、シャドウディーヴァやスワーヴリチャードなどがそうでした。
この馬の場合、クイーンC、ダービー共に直線に入って右手前で走っていても、坂の途中あたりで馬が左手前に変えて走っています。つまり左手前を好むタイプであり、それならば本来右回りの外回りコースがベスト。エリ女の敗因は別の原因(相手関係、秋華賞の反動だと思っている)が作用していて、これまでの戦績からはわかりにくいですよね。たしかに。
ただ、ずっと乗っていた友一さんがわからないはずもなく、左回りがいい発言は個人的に何か裏事情が匂います。まぁ妄想ですけどね。
1.2人気を共に買うことが嫌いなのでアーモンドを買わざるを得ない以上こっちは1円も買いません。

というわけで、今回頭まであると現時点で思っているのはこの馬。


理由→

以上です。